岡まことのらくごしゃ日和

シンガーソングライター岡まことのブログ。美術の成績は2です。

人と仲良くなることについて雑記

f:id:nekonekoyarou:20160608024621j:image

僕は他人と仲良くなり続ける事にとても苦労する人間だ。

理由は、

「救いようもない程に卑屈であるから」と
「思ってもいない事でヘラヘラして、誰の為にもならないことで無理をしてしまうから」だ。

無理をしたところでずっと取り繕える程強くもなく、自分に厳しくできる程に他人に優しくもない。これがまた、よくない。

そんな事言ったってどうせね...という思いが、他人と会話する時に90%ぐらいの確率で顔を出す。

他人と会話する程、空虚さが深まっていくばかりで、ああもうこれ以上話しても明るいところには辿り着かない、となってしまう。

受け入れられたいということとも、愛されたいということとも少し違って、その、なんというか、本当の事を必要な分だけ、ただ知らせてあるいは知らされておきたいと思ってしまう。

歌を作って人前で歌う、ということは(救いようのない無名と自覚していながらも)、仕事だから、その辺の煩わしさがない状態で言葉にできる点が、自分にとっての魅力の一つだ。たぶん。そういうものじゃない、って、よくわからない人に怒られそうだよね。知らないけど。


先日体調を崩した後から妙に喉の調子が悪く(普段から神経質過ぎるぐらいに気を使っているので、いつもはまずこんなことはないのだけど)、再度医者に行った。薬が変わった。一週間ぐらいは集中的にケアが必要とのこと。あと3日でリリースなのだが。まぁ、その、なんだ。やれることをやるしかないし。


ツイッターで他の人の事は見ないようにしている。この性格だし、いとも簡単に死にたくなる。死にたくなる割に、喉すら壊したくないという。愚かなもんだ。


あと、インスタグラムも性に合わなくなってきた。自撮りとかを積極的にできる人って、自撮りをする事がアドバンテージになるような容姿である事に自覚的なところが、ちょっと気持ち悪くて羨ましいな、と思う。僕はほら、このとおりだし、でもこういうの、やったほうがいいんだよな多分、みたいな気持ちで、なんか中途半端になる。そういうリミッターみたいなものが外せるほどの身の程知らずにもナルシシストにもなれないところが、この人格の駄目なところなのだろうとも思うけど、今更何を言ったところでね。

あれだ、インスタは単純に、好きなブランドやデザイナーやお店の情報をいつでもきちんと知ることのできるツールとして、使い続けようとは思う。


調子がどうも、悪い。