岡まことのらくごしゃ日和

シンガーソングライター岡まことのブログ。美術の成績は2です。

歌詞「聖者の投身」

前を歩いてる人が吐き出す 煙に包まれて 声を出さずに咳をして 抗議も出来ず道だけ変える 伏し目がちに歩くのが 癖を追い越し もはやアイデンティティ
落ち目弱みに気付いても 年を重ねて採点不可に

夏になったらまた来ると
言い残してった彼女はさ
翌年風呂場で首吊ったっけ

生きてる価値が見つからない
落ちてる涙に気付かない
どうせ全てが朽ちるなら
中途半端な感性などいらないな
こんな歌ばかり書いちゃって
すりガラスごしの外は白
いつになったら報われるのか
そもそも報われるってなんなんだ


代わり探してる人が泣き出す 寒さに襲われて 孤独重ねて 集めても どうにも出来ず 日々だけ変わる

冬になったらまた来るよ
言いかけて一人笑ってみた
冷たい石の前 弱さ手向けて


生きてる価値が見つからない
落ちてる涙に気付かない
どうせ全てが朽ちるなら
中途半端な感性などいらないな
こんな歌ばかり書いちゃって
すりガラスごしの外は白
いつになったら報われるのか
そもそも報われるってなんなんだ


笑いたくもないところでヘラヘラして
自暴自棄の最果てで懺悔して
傷つけられた事だけ覚えていて
傷つけた事はもう忘れたよ
ただ生きているだけなのに 聖者の行進なんてさ
だったら僕は飛び降りて 聖者の投身なんてさ


生きてる価値が見つからない
落ちてる涙に気付かない
どうせ全てが朽ちるなら
中途半端な感性などいらないな
こんな歌ばかり書いちゃって
すりガラスごしの外は白
いつになったら報われるのか
そもそも報われるってなんなんだ