岡まことのらくごしゃ日和

シンガーソングライター岡まことのブログ。美術の成績は2です。

あけましておめでとうございます。


2016年ですね。
昨年は色々な人にお世話になりました。
色々やるべきことはあるけれど、上手く書ける自信も、話して伝える自信もないのでこのブログ上では何もしません。一人で淡々とやるつもりです...


自分がどこまでも他人を諦めているという事実や、救いようのない卑屈さ、そしてそれを覆っている中途半端で調子のいい立ち振る舞いのせいで、周囲に馴染むことが出来ず、場を楽しめず、思いやりが持てない人間になってしまっている。利己主義で傲慢で卑屈で、そのくせ愛想笑いばかりしてやり過ごし、帰ってきては仮面を剥がし、落ち込み、自分の無価値さに嫌気がさす。こんなことを繰り返して死んでいくのだ。なにが他人をいらつかせるか、なにが他人に許されない行動か、そんなことばかりを考えて衝突を避けた結果、一つの意見も言えず、口に出そうものなら暴発し、他人を傷つけ、無価値さを深める一方だ。


認められたいだけの愚かな自分は、結局誰にも会わずに一人で暮らして傲慢さや卑屈さを呼吸ができないほどに膨らませ、たった一つのその息苦しさから逃れる為に自分に手をかける日まで待つしかないのか。

その時の気分や流れで物事を話す事をどうしても楽しむ事ができない。その自分の無責任さに落ち込む。そして他人が気分や流れで話しをすることも許せない。でもこれは人に優しくない。自分でもわかっているんだけど。なかなかなおせない。

「本当は嫌われているのかもしれない」とか「本当は下に見られているのかもしれない」とか考えるのも恐いから「どう思われていようと自分は孤独だから関係ない」と殻に閉じこもり、無駄にヘラヘラし、時にぶっきらぼうになり、やけになって場を乱し、それらを考えることも手放す。無様な逃避の連続だ。


他人との会話など、劣等感を深めるイベントでしかないのだと考えてしまい、うまく心が馴染んでいかない。どうしてだ。どうしてかわかっているのに。勇気がない。勇気がない。勇気がない。何もかも終わってほしい。トラブルがなんにもないのに、デフォルトでこんな感じの人間ってなんなんだ。生きるのやめたいなぁ。