読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡まことのらくごしゃ日和

シンガーソングライター岡まことのブログ。美術の成績は2です。

陽気ではないブログ

ブログ
f:id:nekonekoyarou:20151206025459j:image


何もしていない時間を作らないようにしている。インプットかアウトプットどちらかを休みなくしなければと思って。疲れるな。でも疲れていないことにしたい。

ひとまず今週で10曲を完成させた。来月の個展の制作の方も進めなければ。でも来週からしばらく関東だ。いっそ関東にも一つ家が欲しい。札幌でやっていることといえば、曲作りか絵を描いていることぐらいだ。あとグッズ作りとお金の管理。これだけ書くと、なんか楽そうだ。本当に楽ならいいんだけど。

かといって自分が苦労しているとは思わない。というか、苦労しているなどと思ってはいけないんだろうと思う。人にはそれぞれ苦労の尺度と決められた心の体力があって、それぞれの頑張り方でしか頑張れないと思うから、みんな内心はわがままでいいと思うんだけど、一般的にはこんな考え方は甘えで、たぶんぶっ叩かれる発言材料としては充分なんだ。どうせ。

最近夜は一缶だけ酒を飲んでいる。元々あまり飲まないんだけど、今まで以上に酒が弱くなったように思う。具合は悪くならないけど、気分は落ち込む。通常運転が落ち込んでいるのに、更に落ち込んでどうするのか。わからない。

というか、一人で飲んでもね。あまり美味いとも思えないし。かといって、誰と会いたいわけでもない。感覚を麻痺させないと、乗り越えられないことがいくらかあって、それは僕に備わっている心の体力が人より少ないからだ。言い訳ではなく諦めで、もしもこの事で責められる日がきたら、謝るかぶん殴るかの二択なんだと思うけど、今はあれか、ネットでいやらしくなんか言われる感じか。じゃあ謝るか自殺か。なんだよ自殺って。よくわからない。でも毎晩、明日はもう起きなくていいな、って思うんだよな。
なのにさ、きっと大きな病気になったら、痛みから逃れたくて「治したい」とか言ってしまうんだ。こんな自分はやめたい。脱ぎ捨てたい。でもこれが自分だから、しょうがない。本当の意味での味方って、なんだろうか。自分にはよくわからない。誰もが少なからず持っている不誠実さを、僕自身他人に向けた量は、果たしてどれほどの量なのか。相対的に罰せられるに値する程なのか。僕は断罪して欲しいのか、断罪の先に許しがあると思えるのか。幻想だ。ただただ生きていることが間違いで、変わらなかった結果がこれで、どこにもいけず、何にもなれず、漂っている。終わっていくだけか。やるべきことはやっているけど、結果が出るまで虚しくて、結果が出てもいまいちで。しかし、結果がでていないということは、やるべきことへの認識が誤っていることになる。何からやり直せば済むか。いや、済むとか済まないとかの問題ではないのか。何をもって満足をすればいいのか、何をもってほめられればいいのか。全部手放して、全部わからなくなって、ただそれらを毎日見ないようにして、心だけ忙しいふりして、なにかをやった気になっているのかな。嫌だな。こんな自分は、やめてしまいたい。


なにもかも諦めてしまいたくて、最後に残ったのが歌を歌うことで、これも終わったとしたら、もうこんな世界にいる意味もないと思うんだが、しかしまぁ、このような環境(信じられないくらい無名ながら歌と美術2で極細細と食いつなぐ環境)でのうのうとこんなことを書けていること自体は、恵まれているとは思う。それはわかってる。それはわかってるんだけど。それと、この身体全体を包む孤独感の事とは話が別で。僕はどうやってこの孤独感と付き合っていけばいいんだろうか。こうやってぼやいて、他人を不快にさせて、歌にしても嫌われるとしたら、僕はもう居場所なんて作れないんじゃないかと思うんだ。居場所なんてものは幻想か。わかってるよ。僕は僕の足で立たなければならないことくらいとっくにわかってるんだ。僕が僕を追いかけ回し、責め立て、毎晩殺そうとする。お前など、さっさと窓から飛び降りればいいんだと。そうはいくか。さすがに痛いだろうよ。それは嫌だ。

12/18の下北、人、来るかな。毎月やるとあれか、どこの地域も飽きちゃうかね。いつもチケット予約数でヒヤヒヤするのも事実なんだ。具合も悪くなる。でもそんなことも言ってられない。と言いつつ、こうして書く浅ましさ。僕のせいか。そう、決してあなた方のせいではないんだ。わかってる。僕はこうして書き出して、自分と会話がしたいだけなんだ。これを読む人にはこんな終わってる文に付き合ってもらって申し訳ないと思っている。

いつもいつも、誰よりも上手に、僕は僕を傷つける人間でなければならないと思っている。僕は人よりも心がポンコツだから、人から傷つけられることに我慢ならない。その証拠にぶん投げてきたものが沢山ある。友達付き合いもそうだ。僕には誰かと真剣にぶつかりあってわかり合うなんてこと、絶対にできない。

僕は僕を傷つけるから、他人に傷つけられても、自分が傷つけた傷より痛くないと思えて、ただ悲しくなるだけで済む。あれ、この感じでいくと、自分がいなくなれば痛みの根源は消えるのか?自分は何を言っているんだろう。


少し前に、新しい美術2LINEスタンプ「番外編・イベントとねこやろう達」が出ました。