読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡まことのらくごしゃ日和

シンガーソングライター岡まことのブログ。美術の成績は2です。

極めて個人的な服の話1

f:id:nekonekoyarou:20151116234220j:image


たった今の自分の独断と偏見でふと浮かんだいくつかのブランドの印象を無責任に適当に(でもなるべく乱暴にならないように)書いてみようと思います。二つずつぐらいで、たまに書こう。


◯SISE(シセ)

古き良きモードの香りがする。しなやかでしっかりした生地とディテールが部分的にデフォルメされたテーラード群、わかりやすいフェミニンなバランスが好きです。構築的でありながら力が抜けていて、でも厳粛な雰囲気も残っているからちゃんとしているように見えて好き。でも何を合わせてもSISEの感じになっちゃうのは時々なんだかな、と思うこともあります。最近はいろんなミュージシャンがスタイリングで使っているので、それだけは個人的になんか嫌です。笑

しかしまぁ、かといってエドウィナホールやヨウジみたいな緩さを取り入れるとなると、それはそれでちょっと意図的な感じもするし、流れ的な意味も含め安易に手を出したくないなと思ってしまう。好きなんだけどね。今のところは、LIVE用でいくつかたまに買っておきたい、ってぐらい。


◯ANTHOROGIE(アンソロジー)

2015AW、この秋冬から始まったブランド。シャネルジャケットという型とクラッシュスキニーデニムがとてもよい。こんなに作り込んでしまうのか...とびっくりしてしまう。特にジャケット類の生地が抜群に良くて、ドメスティックのブランドでここまでの生地を使っているところはあまりないと思います...。(この生地の出どころや肩の作りについての詳細も色々あるんだけど、かなり長くなるので割愛します)クラッシュスキニーの出来もすごくよいです。ウエスト周りの作りに、ある工夫がされていて動きやすく、さらに加工もよいです。よくそのへんのミュージシャンが履いている極細真っ黒のありがちなパンツ(アクネでもサンローランでも見栄えが変わらないアレ)に食傷気味だったので、個人的に嬉しいです(音楽が好きな人にウケるかはわからないけども)。
「クロスジェンダーがうんちゃら〜」とかいろんな業界人が偉そうに言う中で、アンソロジーは「どちらかといえば男っぽさが強めに出ている中に、かなり繊細な方法で女性的な要素を足している服なのかなぁ」という現在の印象です。わかりづらくてすいません。


【つかれたからまとめ】
今書いていたANTHOLOGIEも、その前に書いたSISEもずっとこの印象にはならないと思う。僕はただ服が好きなだけの人間なんだけど、毎シーズン同じようなものを作るブランドと毎シーズン微妙に変わっていくブランドと、毎シーズン全く別のものを作るブランドがあって、それによって、色々と距離が変わりながらそれらの楽しさと付き合っていくような気がする。なんか、つい大げさな話になってしまいそうになるから、そのくせも直したいけど難しい。ここまで書いて、なんか後悔してる。なんでかな。
他のSNSに共有するべきか迷うけど、やめておくか...