読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡まことのらくごしゃ日和

シンガーソングライター岡まことのブログ。美術の成績は2です。

服で遊んでいた

f:id:nekonekoyarou:20151116224227j:image

先ほど少し、服で遊んでいた。

服の事について書き始めると、頭の中にたちまち色々な雑音が鳴って、書きたいことになかなかたどり着けないことがある。しかしなるべく恐れないように書けたらと思う。

2年くらい前まで、黒と白の服ばかり着ていたんだけど、急に飽きてしまった。
というのも、僕は恐らく天邪鬼なところがあるので、有名無名関係なく誰かがしている服装を何かで見ると、「あ、この感じはやりたくないな」と思ってしまう。で、ここ数年よく見るいくつかのカテゴリの服装を見ては辟易、見ては辟易しての繰り返し。誰が悪いというわけではないんだけど、他にあれとかああいうのあるのにな、これじゃあ結局同じだなぁ、と思ったりして。細かく言えば同じではないんだけど、別の意識が透けて見えて嫌だなぁとか。他にも、合ってない、とか、遅い、とか。思うだけだから、誰にも怒られない、はず。 

一つの服に対してどこから光を当てるかによって、どんな見え方になるかが全く変わってくるんだけど、この話を楽しく共有できる人達と今後も何かで出会えたら嬉しいなと思う。あ、今自分は何かを誤魔化した。

僕は人の役に立てている、と思える事が非常に少ない。でも、この未熟な人格のまま歪な方向に肥大化した好きなことについての知識を、頼ってもらえるのは単純に嬉しい。とは言っても自分はまだ少しも何もわかっていないんだけど。この流れで書くと矛盾しているように聞こえるだろうか。無責任に思われるだろうか。でも、一つの場所を追い求めるあまり、どこにもたどりつけないようなアレな人達にありがちな、ドヤ感がすごいあの感じにはなりたくないのだ。ただあなたにはこれがこういう理由で合うよ、ということが伝えられたらそれでよいわけで。あくまで趣味だから、こんな好き勝手言えるんだろうけど...

...結局、誰にも何も言わず、一人で考え、物に沢山触れて、たまに無心で人と話すのが、人にフラットな感覚で物事を伝える土台になる気がする。孤独だけど趣味だから、まぁ問題ないか。ああ、これも逃げだ。逃げてばっかりか...

...何を言っているんだろう自分は。読み返して冷めるけど、嘘ではないし、仕方ない。自分の気持ち悪さと寒さに呆れ、それも背負わなければならぬのかと諦めなければ。ブログってどうも、難しいな。人前に出ずに砂時計を何度もひっくり返すだけで20万くらいもらえる人生を送りたい。

こうして日常的に空想の領域だけが広がっていく。一人だと悲しい、二人以上だと楽しい話題。なんだろうなこの感じ。最近楽しいことは、K山さんと服の話をすることです。


あれ、変だな...もっと楽しい事を書くはずだったのにな。



広告を非表示にする