岡まことのらくごしゃ日和

シンガーソングライター岡まことのブログ。美術の成績は2です。

歌詞

【歌詞】「アケビ」

「アケビ」 先生 吐き気が止みません 自殺願望も変わりません理由を探すのも飽きたので 心を壊す事にしました繊細だとか言うのではなく 人間性の欠如ですはけ口一つも見つからず 心を殺す事にしました傷口が増えてしまった時は 優しい人は悲しむけど欠落がば…

【歌詞】「遺書」

「遺書」 もういっそ 目覚めなきゃよかったと思った朝何もかも嫌だって こぼす場所もない誰だって辛いのはとっくにわかってるけど布団から出られずに泣いてしまうのです ああ このままずっと一人か 考える程に恐くなる触ったら壊れるような砂の身体になれた…

【歌詞】「俺はバカだったんだ」

「俺はバカだったんだ」 売れずにここまで 年を食ってしまった残された道は 崖に続いているのかなあなたがいつまで 歌を聴いてくれるか不安で眠れない 日々をせめて笑ってくれるか 「いつまで続けるんだ」 うるせぇなわかってる他にできることあれば とっく…

【歌詞】「ばかもの」

「ばかもの」 生きてることを やめたいのだ 他人のために笑う 自分が虚しくて 寂しさだけが 味方なのだ 期待捨てた世界の穏やかさよ 隣り合う人に 渡す「さようなら」 お先にこの地獄からあがるのだ 解り合う事が美しいと言える あなたは心のないばかものだ…

【歌詞】「紡ぐ」

「紡ぐ」 ねぇ 今から 外に出て遊ぼう服を着て 寒いから上着も誰もいないね そりゃそうだ 0時も回ったばかりだし 皆寝てんだろ 星明かり伝い 歩く君が 転ばないでよって 笑っていた 手を伸ばせば 届きそうな 昨日みたいな今日を踏み外してしまわぬように つ…

【歌詞】カーテンヲクビニマイテ

カーテンヲクビニマイテ もう 死にたかった 逃げたかった僕を否定する世界から居場所なんてない 当たり前だそれらは皆 作るもので ねぇ そんなことは わかってるよ作れないから 逃げたいんだよ作れないから 一人なんだよ 天井に花吹雪 エチゾラム 君の影楓泳…

歌詞「聖者の投身」

前を歩いてる人が吐き出す 煙に包まれて 声を出さずに咳をして 抗議も出来ず道だけ変える 伏し目がちに歩くのが 癖を追い越し もはやアイデンティティ落ち目弱みに気付いても 年を重ねて採点不可に夏になったらまた来ると言い残してった彼女はさ翌年風呂場で…

歌詞「朝露の花」

暗い暗いそんなところで 電気も点けず何してんの 読みかけの本は 本棚にちゃんとしまっておけよ「おかえり 楽しかった?」言葉より先に涙がこぼれて 「何にもないのに こわくなったりして ごめんね」嗚咽にも似た 痛みを 受け止めるベッド昨日を引き延ばした…

歌詞「リビングデッド」

社会生活の不安その1 「怒られて謝っても 本当は許されてないこと」社会生活の不安その2 「心を開いてみたとこで 何かが違って 余計虚しいこと」期待しないほうがいいんだって そんな事わかってるよだけど諦めた顔してたら 手遅れとバレるから選んだものから…

歌詞「忘れられたみたいだ」

忘れられたみたいだ「忘れられたみたいだ」口にしてから泣いた「いつでも側にいたんだ」僕らは互いに思い込んで 笑ってたかき乱されたのは 些細な事だ そうだ本当に失くしたのは これまでの僕が開けなかった 記憶だ君がいなくても成立する 僕の人生は予想し…

歌詞「君はリスナー」

「君はリスナー」 二時間に一回のエゴサーチで悪口言われてた 短い言葉 意味もない だけどなんかきつかった 嫌いなバンドのボーカルは 偉そうな事言ってた 「一生切り抜けられないものはない」と思ってる馬鹿 君はリスナー 僕は落伍者 君はリスナー 僕は欠陥…

歌詞「free note」

「free note」やがて僕が忘れ去られても君はそれでも待ってるの「今日も一人だ」小さく呟く意味はないけど 声が詰まる悲しい顔見せる相手は血の通わない汚れた人形喜び一つ感じられずに下を向いて 立ち止まってさいつかもしも 僕が死んだら鼻で笑って 馬鹿に…

歌詞「OD」

「OD」明日 勢いで僕が死んでしまってもあなたの心に残せるものはない僕の為に時間を割いて困っているふりをして欲しいだけ晒された傷口は見飽きたかい?隠してた痛みに重みがないってさないってさ僕だけを愛してくれさえいればもう何もいらない「どんな顔か…

歌詞「感傷癖」

「感傷癖」もしも 海に浮かんだ橋を 誰かと渡り切れたならどんなに素敵な事なんだろう 振り向き首をかしげる君古いインク みたいな 夕暮れを 切り裂いた鳥の群れは どこに行くのか?傷だらけの腕 十字架みたいに 背負った痛みを 分けてくれないかな星だらけ…

歌詞「アテロフォビア」

「アテロフォビア」僕らはいつか 見たことない世界へ行くねぇ それは本当? 誰が言ったの?誰に聞いたの?「正しさ」に慣れた君は 疑えない愚か者です いつまで 無垢な自分に しがみついて 言い訳して いつも「笑わないままでいたいのに」「消えてしまえたら…